/

ワクチン2回接種、人口の2割超 高齢者1回目は8割到達

(更新)

政府は16日、新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を終えた人が人口の2割を超えたと発表した。65歳以上の高齢者では1回目が済んだ人が8割に達し、2回目の割合も5割を超える。新規の感染者の割合が増えている若い世代への接種加速が課題になる。

15日までの接種実績を集計、公表した。高齢者を含む一般接種と医療従事者の接種を合計すると、1回目を打った人は4094万人で、2回目まで終わった人は2576万人となった。全体で1回目を打った人の割合は3割程度にとどまっている。

高齢者は1回目を打ったのが2845万人で、2回目まで終わったのが1917万人。米ファイザー製のワクチンは3週間あけて2回打つ。順調に進めば、3週間後の8月上旬には高齢者の8割が2回の接種を完了することになる。政府は7月末までに希望する高齢者全員の完了を目標としていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン