/

この記事は会員限定です

脱炭素やコロナ対応 「骨太」で改革出遅れの挽回期す

政府の骨太方針・成長戦略のポイント

(更新) [有料会員限定]

政府は18日、新たな経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)と成長戦略を閣議決定した。新型コロナウイルス対応や経済安全保障、脱炭素など国際的な課題となっている分野を中心に、改革と産業支援を急ぐ方針を掲げた。掛け声倒れに終わらせず、実効性ある政策を打ち出すことが求められている。成否はコロナ後の日本の成長力を左右する。

【経済安保】半導体支援「他国並み」に

新たな成長戦略はスマートフォンや家電、今後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン