/

この記事は会員限定です

リスク点在、回復緩やか 経営者が占う22年度の景気

[有料会員限定]

主要企業の経営者20人に2022年度の景気見通しを聞いたところ、実質国内総生産(GDP)の前年度比伸び率は平均3.0%だった。政府は3.2%を見込むが、新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」の感染拡大をはじめ、様々なリスク要因を背景に、なお緩やかな回復にとどまるとの見方が目立っている。

新型コロナについてはワクチン接種が進み、新規感染者数は足元で落ち着きを保つ。

経営者20人予測は平均3.0%成長

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2034文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン