/

河野・岸田・高市・野田氏が届け出 自民党総裁選告示

29日投開票

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
自民党総裁選に立候補を届け出た(左から)河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏(17日)

菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選が17日午前、告示された。河野太郎規制改革相、岸田文雄氏、高市早苗氏、野田聖子幹事長代行の4氏が立候補した。29日に投開票し、新総裁を選出する。10月4日に召集する見通しの臨時国会の首相指名選挙で、新首相を選ぶ。

4候補の陣営は9月17日午前、党所属の国会議員20人の推薦人名簿など立候補に必要な書類を提出した。

届け出順は抽選の結果、河野、岸田、高市、野田各氏の順で確定した。女性が複数出馬するのは1955年の結党以来初めて。4氏は同日午後に党本部で所見を発表し、共同記者会見に臨む。

総裁選は党所属の国会議員が1人1票を持つ「国会議員票」383票と、全国の党員・党友が投票する「党員・党友票」383票の計766票で争う。党員票は全国の得票数を「ドント方式」で各候補に配分する。

1回目の投票で1位が有効投票の過半数に届かなければ上位2人の決選投票になる。国会議員票と都道府県連各1票で競う。

国会議員票は383票で変わらないが、党員票は各県連がそれぞれ1票を持つ計47票に減る。1回目の党員票を県連ごとに集計し、決選投票に進んだ2人のうち得票が多い候補に1票が入る。

4候補のなかで唯一の現職閣僚の河野氏は17日午前、オンラインで出陣式を開いた。「チームプレーが必要だ。力を結集し、日本を前に進めるためにリーダーを目指したい」と語った。

岸田氏は国会内で開いた出陣式で「国民に寄り添い、ともに前進し、丁寧で寛容な政治を進めるリーダーが求められる。私こそなれる」と話した。

高市氏も国会内で出陣式に出席した。「日本を守り、未来を開く。美しく強く成長する日本をつくっていく。必ず勝ちにいく」と述べた。

野田氏は党本部で開いた出陣式で「謙虚で誠実で国民から信頼をもらいながら頑張る自民党を見せたい」と力説した。

河野氏は中堅・若手議員を中心に支持を広げる。所属する党内第2派閥の麻生派に加え、立候補を断念した石破茂元幹事長、小泉進次郎環境相らが支持を明言した。

「日本を前に進める」と題する政策をまとめた。再生可能エネルギーの導入を最優先に「安全が確認された原発は再稼働させる」との方針を示した。行政のデジタル化の推進も強調する。

岸田氏は自身が率いる岸田派に加え、最大派閥の細田派や麻生派、谷垣グループなどの一部から支援を受ける。「声をかたちに 信頼ある政治」をキャッチフレーズにする。

党改革の一環として役員任期を「1期1年、連続3期まで」に制限すると訴える。感染症対策で「健康危機管理庁(仮称)」の創設を唱える。

高市氏は政治信条の近い安倍晋三前首相のほか、かつて所属した現細田派の一部や保守系議員が推す。

安倍氏の経済政策を発展させた「サナエノミクス」を掲げる。2%の物価目標を達成するまで基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化目標を凍結し、危機管理に重点を置いた財政出動を主張する。

野田氏は告示前日の16日に立候補を表明した。無派閥の議員や二階派、竹下派の一部の協力を受け、推薦人を確保した。

「女性や子ども、高齢者、障害者がしっかり社会で生きていける、生きる価値があるという保守の政治をつくりあげたい」と言明する。

今回の総裁選は党内にある7派閥のうち、岸田派を除いて支持候補を一本化できない状況となった。

自民党総裁選2021特集ページはこちら

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

自民党総裁選2021

菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選には河野太郎、岸田文雄、高市早苗、野田聖子の4氏が立候補。9月29日に投開票され、岸田氏と河野氏の決選投票の結果、岸田氏が新総裁に決まりました。岸田氏は10月4日召集の臨時国会での首相指名選挙を経て第100代首相に就任しました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン