/

5月の輸出49%増 自動車好調で41年ぶり伸び率

think!多様な観点からニュースを考える

財務省が16日発表した5月の貿易統計速報によると、輸出額は6兆2612億円で前年同月比49.6%増えた。米国や欧州向けの自動車輸出が大幅に拡大した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で前年に大きく落ち込んだ反動もあり、1980年4月以来の高い伸びを記録した。

輸出は3カ月連続で増え、コロナ感染拡大前の2019年5月と比べても7%上回った。中でも自動車や自動車部品の輸出が前年同月の2倍以上に急増した。

地域別にみると、米国への輸出が1兆1044億円で前年同月比87.9%増えた。米国では中古自動車の価格が高騰するなど需要が高まっており、当面高い伸びが続きそうだ。欧州連合(EU)向けは同69.6%増の6169億円だった。

中国向けは1兆3926億円で同23.6%増加した。半導体製造装置が同63.9%増と高い伸びを記録した。アジア向けは同32.5%増の3兆6386億円だった。

輸入は6兆4484億円で同27.9%増えた。新型コロナのワクチンを大量に輸入したことで医薬品が大幅に膨らんだほか、原油価格の上昇も影響した。

輸出から輸入を差し引いた貿易収支は1871億円の赤字だった。貿易収支が赤字になるのは4カ月ぶり。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン