/

2月の貿易赤字6682億円 原油価格高騰で輸入3割増

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

財務省が16日発表した2月の貿易統計速報によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は6682億円の赤字だった。赤字は7カ月連続となる。原油などエネルギー価格の高騰で、輸入は前年同月比で3割増えた。輸出も円安などを受けて2割増加。輸出入ともに2月としては過去最高となった。

輸出は19.1%増の7兆1900億円だった。鉄鋼が韓国向けを中心に45.5%増加。自動車も8.3%増えた。いずれも数量ベースでは減少しており、円安や製品単価の上昇などが金額を押し上げたとみられる。2月1日の春節(旧正月)を挟む大型連休が明け、中国企業の工場再開も伸びを後押しした。

輸入は34%増の7兆8583億円だった。原油が2倍近く伸び、液化天然ガス(LNG)も6割増えるなどエネルギー価格の上昇が伸びをけん引した。医薬品も新型コロナウイルス関連の需要などを受けて倍増した。

1月の貿易収支は2兆円を上回る赤字で過去2番目に大きい赤字額だった。2月は輸出の増加などで赤字幅は前月から縮んだ。

地域別に見ると、米国は貿易収支が4028億円の黒字で14.2%減った。減少は2カ月連続。輸出は自動車がけん引し16%伸びたが、医薬品などの増加で輸入が38.9%増えて黒字幅を圧迫した。

対アジアの貿易収支は7451億円の黒字で88.7%増えた。輸出入とも2月としては過去最高だった。中国との貿易収支は556億円の赤字で11カ月連続の赤字だった。輸出は25.8%増え、2月として最高となった。輸入は5.8%増で13カ月連続で増えた。

対欧州連合(EU)は1941億円の赤字で32カ月連続の赤字だった。ベルギーからの医薬品などで輸入が3割増えた。輸出は8.8%増だった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン