/

この記事は会員限定です

衆院任期満了まで3カ月 与野党、候補者調整急ぐ

自民は群馬など公認争い 立民・共産、競合区は前回の半分以下に

(更新) [有料会員限定]

10月21日の衆院議員の任期満了まで残り3カ月となった。立憲民主党と共産党は現時点で競合する小選挙区を70弱まで絞り込んだ。前回衆院選の半分以下の水準で与党候補との一対一の構図を増やし共倒れを防ぐ。自民党は10ほどの選挙区で続く所属議員同士の公認争いの早期決着をめざす。

立民の福山哲郎幹事長は東京都議選の投開票直後の5日、衆院選について「全部は無理だが一本化する」と力説した。

立民と共産党は都議選...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り943文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン