/

首相、在任中の金融所得課税の強化「あり得る」

岸田文雄首相は15日の日本テレビ番組で、首相在任中の金融所得課税の引き上げについて「(経済回復の)取り組みが早く進めばあり得る」と述べた。まずは国債発行で財政出動し、経済の好循環を実現した後に財源として考えると説明した。

「この順番を間違えてはならない」と強調した。首相は自民党総裁選で金融所得課税の見直しを唱えた。首相就任後は「当面は触るということは考えていない」と先送りする姿勢に転じた。「選択肢の一つ」と述べるにとどめていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン