/

この記事は会員限定です

特養の医療の質に懸念 厚労省、初の実態調査へ

[有料会員限定]

厚生労働省は特別養護老人ホーム(特養)の医療実態について初の調査に乗り出す。体調の急変や終末期に適切に対応できないなど質への懸念があるため、診療実績や医療機関との連携状況を点検する。医師への報酬制度が不十分だと指摘する声もある。課題を洗い出して2024年度の介護報酬改定に反映する。

特養は担当医師を配置する義務がある。他の病院からの訪問診療は末期がんなどを除いて原則認めていない。

担当医は入所者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン