/

この記事は会員限定です

北朝鮮ミサイル変則軌道、探知が難題 迎撃対応に限界論

「敵基地」の議論喚起

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府内で北朝鮮が15日に発射した短距離弾道ミサイルへの対応に懸念が広がった。放物線状とは異なる変則軌道で飛び、防衛省が発射直後に推定した着地地点が後から修正されたためだ。探知能力への不安が露呈し、迎撃に対処してきたミサイル防衛態勢の限界論が高まってきた。

海上保安庁は北朝鮮が弾道ミサイルを発射した数分後の15日午後0時39分、排他的経済水域(EEZ)外に落下したとみられると発表した。菅義偉首相は午...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン