/

この記事は会員限定です

デジタル課税、苦渋の例外設定 アマゾンも対象に

[有料会員限定]

巨大IT(情報技術)企業が念頭の国際的な共通課税ルールを巡り、主要7カ国(G7)の合意に例外を設けて米アマゾン・ドット・コムを対象にする方向で関係国が調整に入った。10%の利益率を上回る部分に課税する方針だが、単純適用するとアマゾンは除外される懸念があり、高収益のクラウド事業を対象にする。ルールが複雑になり、苦渋の選択といえる。

国際課税ルールづくりは、経済協力開発機構(OECD)が主導して約14...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン