/

この記事は会員限定です

ワクチン接種方法に修正案 「1回目広く」「都市優先」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染再拡大で、ワクチン接種の進め方を見直す議論が浮上している。欧州では計2回打つ間隔を延ばし、多くの人の1回目を優先する動きが広がる。日本でも専門家がこうした観点からの検討を提起している。感染者の急増で医療が逼迫する都市部に比重を置いた配分を求める声もある。

論点のひとつは接種の間隔だ。日本が現時点で唯一承認している米ファイザー製ワクチンは、3週間あけて2回打つ臨床試験(治験)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン