/

この記事は会員限定です

立・共など選挙区7割超で一本化 与党「体制選択」強調

衆院選19日に公示

[有料会員限定]

衆院選の公示が19日に迫り与野党が候補者擁立の準備を急ぐ。立憲民主党と共産党、国民民主党などは289小選挙区の7割を超す220程度で候補者を一本化する。与党は基本政策の異なる立民、共産両党の共闘路線を批判し、今の自民、公明両党政権との「体制選択選挙」と訴える。

共産党は13日、小選挙区で擁立予定だった21人を取り下げ立民と候補者を一本化すると発表した。調整によって両党間での競合選挙区は50弱にとど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り534文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン