/

この記事は会員限定です

生物多様性なくして経済なし 陸海の3割保護で合意へ

[有料会員限定]
生物多様性が気候変動と並ぶ地球規模の環境課題として意識され始めた。金融機関などの運用基準に採用され、企業行動にも影響し始めている。10月には国際会議が開かれ、生物多様性維持の新たな目標を各国が議論する見通しだ。(気候変動エディター・塙和也、ESGエディター・松本裕子、岩井淳哉、坂部能生)

「自然保護で経済活動を阻害するのではなく、自然を活用することで社会課題の解決につなげていく」。小泉進次郎環境相は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4376文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン