/

この記事は会員限定です

批判政党から提案路線へ、危うい野党第1党の座 泉健太

キーパーソンの冬

[有料会員限定]

2021年12月14日の東京・有楽町。仕事帰りの人が行き交う駅前で立憲民主党の代表、泉健太(47)は政調会長の小川淳也(50)と対話集会に臨んだ。「メモ帳とペンを持ってきた」。ジャンパー姿の泉は小川とともに聴衆の意見をメモした。

「左に寄ると政権の受け皿にならない」「共産党と協力して政権を倒して」。小川が得意にする双方向型の辻説法に泉が参加した。立民の支持者と思われる聴衆から正反対の注文が飛んで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン