/

「特異集団」は旧統一教会 公安庁報告で、閣議決定

政府は15日、公安調査庁の報告書「内外情勢の回顧と展望」の2005年、06年発行分で記載した「特異集団」は、旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)のことだとする答弁書を閣議決定した。立憲民主党の辻元清美参院議員の質問主意書に答えた。

報告書の05年分では「在日関係者を取り込むことで勢力拡大を図る動きをみせた集団もあった」とし、06年分では「在日関係者を韓国の大会に参加させるなどして、在日組織との間で軋轢を生じさせるといった動きを示す集団もあった」と記載。いずれも特異集団とし「危機感や不安感をあおって勢力拡大を図っている」と指摘した。

答弁書では、これらの集団が旧統一教会だと認めた。また、07年分で、旧統一教会に関する記載がなくなった理由に関しては「その時々の公安情勢などに応じ取り上げる必要性が高いと判断したものを掲載している」と説明した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン