/

この記事は会員限定です

「英語で教える教員」不足 入試優先、世界と距離 

グローバル教育と政治③ 外国語助手の本格導入、高校は1割

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府は7月末、大学入学共通テストに英語の「話す・書く」能力を測る民間試験を導入するのを正式に断念した。8年越しで議論してきた入試改革が頓挫し、実践的な英語力を高める代替策が急務となる。英語教員の研修や英語で教える助手の活用などが道となりえる。

大学入試改革に関わる有識者会議は7月8日、萩生田光一文部科学相に1本の提言を届けた。文科省は英語民間試験について2021年からの利用を見送った後、25年以降...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1318文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン