/

この記事は会員限定です

参議院選挙、与党過半「維持を」6割 野党首位は維新

本社世論調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社の世論調査で参院選で望む結果について聞いた。自民党と公明党の与党が過半数を「維持する方がよい」と回答した割合は58%、憲法改正に賛成する勢力が3分の2以上の議席を「維持する方がよい」は53%だった。

世代別に分析すると年齢が若いほど与党過半数を「維持する方がよい」の割合が大きかった。18~39歳以下は66%、40~50歳代は58%、60歳以上は57%だった。改憲勢力が3分の2を維持...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り423文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

参院選2022

2022年夏の参議院選挙(6月22日公示・7月10日投開票)は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となりました。開票結果やニュース、解説などをお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン