/

この記事は会員限定です

病院「予約して受診」8割、コロナ対策で待ち時間減

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染リスクを避けるため病院受診者の行動が変化している。2020年に外来患者のうち医療機関に予約して受診した割合が8割近くまで上昇した。診察までに長い待ち時間を要するケースも減少した。厚生労働省は外来医療を効率化する仕組みを検討する。こうした流れを継続できるかが課題になる。

厚労省が3年に1度まとめる受診者の調査によると、20年に外来患者が事前に「予約した」のは77.4%と3年前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り441文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン