/

この記事は会員限定です

「箱ありき」の子ども庁論議 対策先送りした30年

中村結

[有料会員限定]

「私たちはまな板の上のコイ。だから言っても仕方ないのですが、何をするのでしょうね」。霞が関の官僚たちの今の話題は、自民党が次期衆院選で公約に掲げる見通しとなった「子ども庁」の新設案だ。

自民党は13日、子どもにかかわる政策を一元的に扱う子ども庁の創設に向けて議論を始めた。今回、創設について議論するのは「政」。子ども庁の新設が決まれば霞が関の組織改編を伴う可能性があり、官僚も人ごとではない。

水を向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン