/

この記事は会員限定です

円安で所得流出、7~9月に3.6兆円増 日本のGDP1.2%減

(更新) [有料会員限定]

円安や資源高が景気の足かせになっている。内閣府が15日発表した7~9月期の国内総生産(GDP)速報値によると、貿易を通じて海外に流出した実質的な金額を示す交易損失は年率換算(2015年基準)で19.7兆円になり、前の期に比べ3.6兆円悪化した。原油や食料などの輸入価格が製品の輸出価格を上回り損失が膨らんだ。

7~9月期の実質経済成長率は前期比年率でマイナス1.2%と4四半期ぶりに落ち込んだ。GD...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り495文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません