/

野党4党、臨時国会の召集を要求

臨時国会の召集要求を巡り、国会内で会談に臨む野党4党の党首(16日午前)

立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は16日、憲法53条に基づき臨時国会の召集を求めた。大島理森衆院議長に要求書を提出した。政府の新型コロナウイルスへの対策や東京五輪・パラリンピックを巡る対応などを国会で質疑する必要があると主張した。

4党の党首はこれに先立ち、国会内で会談した。立民の枝野幸男代表は会談後、記者団に「政府の方針は混乱の極みにある。国会で十分な時間を取って説明を求めていかないといけない」と訴えた。

憲法は衆参どちらかの総議員の4分の1以上の要求があれば内閣は臨時国会の召集を決定しなければならないと定める。要求後にいつ開会するかは事実上、政権側に委ねられる。

野党4党は通常国会の延長や臨時国会の開会を政府・与党に要請していた。受け入れられなかったため憲法に基づく召集要求に踏み切った。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン