/

この記事は会員限定です

処理水放出、国内外で反発 求められる説明責任

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所にたまる処理水の放出には福島県内だけではなく中国や韓国で反対の意見がある。国と東電は国内外への説明を尽くす必要がある。

2021年12月に東京電力が海洋放出計画を原子力規制委員会に申請した際、中国外務省は「重大な懸念」を表明した。同省の報道担当者は「海洋放出という誤った決定を取り消すべきだ」と、計画撤回を要求した。韓国政府も放出に反対し、2国間協議を求めた。

処理水は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン