/

維新、ベーシックインカム導入 衆院選公約

日本維新の会は15日、年金など既存の社会保障を統合した「ベーシックインカム」(BI)の導入検討を柱とする次期衆院選の公約を発表した。片山虎之助共同代表は同日の記者会見で「改革なければ成長なし、改革なければ分配なしだ」と強調した。規制改革も重視する。

新型コロナウイルス対策で時限的に消費税を5%に引き下げる。コロナ患者向けの病床や医療従事者を確保する法律を制定する。

「身を切る改革」を打ち出し議員報酬、議員定数の3割削減を実現する。公文書管理はデジタル化して独立した権限を持つ「公文書院」を設置する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン