/

この記事は会員限定です

外為法、不透明な裁量行政 東芝巡り経産相「調査せず」

[有料会員限定]

梶山弘志経済産業相は15日の記者会見で、東芝の2020年7月の株主総会に経産省が介入したとする弁護士の報告書の指摘は当たらないとの認識を示した。原子力など安全保障に関わる東芝に経産省が個別に対応したことは「政策として当然」で同省として独自調査しないと述べた。改正外為法の運用を巡り、行きすぎた裁量行政がなかったか、検証が必要だ。

報告書は東芝の株主が選んだ弁護士が10日に公表した。同社が経産省と一体とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン