/

この記事は会員限定です

通常国会、政府提出法案の成立率97% 7年ぶりの高水準

コロナ対策やデジタル化

(更新) [有料会員限定]

第204通常国会は16日、会期末を迎え閉幕した。政府が提出した新規法案(閣法)の成立率は97%となった。2020年の通常国会を4ポイント上回り、7年ぶりの高水準だった。

菅義偉首相が優先課題に掲げた新型コロナウイルス対策や行政のデジタル化を加速するための法律を定めた。

政府・与党は7月の都議選や夏の東京五輪・パラリンピックを考慮し、会期延長に慎重だった。政府は新規に提出した法案を63本に絞った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン