/

この記事は会員限定です

コロナとの闘い「2~3年はかかる」 尾身氏が警告

(更新) [有料会員限定]

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は15日の衆院厚生労働委員会で、ワクチン接種が進んでも新型コロナとの闘いは長期化する可能性があるとして、「ワクチンや薬があるインフルエンザのような感覚になるには2~3年はかかる」との見通しを示した。

政府が検討する行動制限の緩和については「急に緩めると必ずリバウンドが起こる」として、感染が落ち着いた時に徐々に進める必要があると述べた。

田村憲久厚...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン