/

この記事は会員限定です

会食届け出の対象幹部拡大 農水省、接待報告書受け

[有料会員限定]

農林水産省は15日、鶏卵生産大手の接待問題を巡る検証委員会の報告書を踏まえ、行政運営の改善策を発表した。室長以上の本省幹部職員を対象に、利害関係者との会食の届け出を金額にかかわらず義務付ける。政・官・業の距離が近いと指摘された養鶏・鶏卵行政では融資に関する対応を記録するなど省独自のルールを新設する。

国家公務員倫理規程は利害関係者との1万円を超える会食は届け出が必要と定める。農水省は一部部署の職員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り288文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン