/

この記事は会員限定です

会談時間でみる日米首脳 安倍・トランプ氏が最長20時間

[有料会員限定]

岸田文雄首相とバイデン米大統領が23日、初めての本格的な会談に臨む。日米首脳の個人的な関係構築は両国関係の基盤になってきた。首脳同士がどのように会談を重ねてきたかは同盟関係にある日米の距離や懸案の状況を示す。

平成以降に就任した18人の首相と6人の米大統領の2国間会談の状況を外務省の発表や過去の記事をもとに調べた。

合計の時間が最も長かったのは安倍晋三元首相とトランプ前大統領の計20時間だ。両氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン