/

中国の台山原発「強い関心持ち注視」 官房長官

記者会見する加藤官房長官(15日午前、首相官邸)

加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、中国広東省の台山原子力発電所から放射性物質が漏れている恐れがあるとの報道に関して「情報収集を進め、強い関心を持って注視したい」と述べた。放射線量を計測する全国のモニタリングポストの値に「変化はないと報告を受けている」と説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン