/

この記事は会員限定です

脱炭素100カ所で先行 政府、地域の行程表の骨子案

[有料会員限定]

政府は地方自治体などの脱炭素の取り組みを進めるため「地域脱炭素ロードマップ(行程表)」の骨子案をまとめた。農村や離島、都市など100以上の「先行地域」を選び、補助金などを活用して再生可能エネルギーの導入などを促す。2030年度までに地域内の排出ゼロを目指す。

20日午後、閣僚や自治体の首長らで構成する「国・地方脱炭素実現会議」を開き、ロードマップの骨子案を示す。地域で先行事例を作り、全国に広げる狙...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り397文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン