/

東南アジア5カ国へワクチン提供、外相発表 台湾に続き

茂木敏充外相は15日の記者会見で新型コロナウイルスのワクチンをベトナムやインドネシア、タイ、フィリピン、マレーシアの計5カ国に提供すると発表した。ベトナムには16日におよそ100万回分を届ける。英アストラゼネカ製のワクチンが対象で、他の4カ国には7月上旬から送る。

まずベトナムに約100万回分を届ける=共同

日本から海外への提供は124万回分を無償供給した台湾に続く2例目となる。ベトナムなどの新たな対象国は今春から感染者数が急増している。ワクチン調達が遅れており、日本に支援を求めていた。

茂木氏は東南アジアの5カ国を選んだ理由について「東南アジア諸国連合(ASEAN)と日本は極めて重要な関係を有する」と述べた。「日本が提唱する『自由で開かれたインド太平洋』を実現していくためにも重要な国々だ」と説明した。

他の国・地域への支援も感染やワクチン調達の状況を勘案しながら調整する。茂木氏は台湾とベトナムへの追加供給も検討する考えを示した。

政府は米ファイザーや米モデルナから国民全員分のワクチンを確保したと判断し、アストラゼネカのワクチンは公的接種の対象から当面外すとしている。菅義偉首相は3000万回分を海外に供給する方針を掲げる。

政府は支援先について、感染状況だけでなく日本との関係を踏まえ判断している。ベトナムは中国との領海問題を抱え、首相が2020年10月に訪問するなど関係強化をめざす国の一つだ。

首相は11~13日に英国で開催した主要7カ国首脳会議(G7サミット)で中国が台頭するインド太平洋において、G7とASEANが連携する重要性を説いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン