/

この記事は会員限定です

接種前倒し、拡大足踏み 調達不透明で在庫全量使わず

(更新) [有料会員限定]

厚生労働省は16日にも承認する米モデルナ製のワクチンを3回目接種の前倒しに活用する。政府は接種間隔は2回目から「8カ月以上」を原則にしている。米ファイザー製のワクチンも含めた在庫を一気に前倒し分に使うと、今後の調達見通しなどから8カ月間隔で予定する接種分の不足懸念があるとみる。6カ月に前倒しできる人数は限定的になりそうだ。

2回接種の配送を終えた時点の国のワクチン在庫は、米ファイザー製が1600...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン