/

この記事は会員限定です

サハリン2の新会社への出資、政府が商社に継続を打診

[有料会員限定]

政府はロシアの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」に関する日本企業の権益維持を目指す方針を固めた。ロシアは大統領令でサハリン2の運営を新会社に移管するよう命じた。政府は現在の運営会社に出資している日本の商社に新会社への移行後も株主として残るよう打診した。

岸田文雄首相は15日、首相官邸で萩生田光一経済産業相と会談した。萩生田氏は会談後、記者団に「権益を持っているわけだから引き続きしっかり維持して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

電力不足

電力需給の逼迫で夏と冬の電力不足が懸念されています。最新ニュースや解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン