/

この記事は会員限定です

国が建設アスベスト被害で和解金 与党案、訴訟外も救済

[有料会員限定]

建設現場でのアスベスト(石綿)による健康被害を巡る集団訴訟に関し、与党プロジェクトチーム(PT)は救済策の骨子をまとめた。国が原告へ症状に応じた和解金や訴訟の負担に配慮した解決金を支払う。訴訟に参加していない被害者に給付金を支給するための法整備も検討する。

アスベストを含む建材を扱って粉じんを吸い、深刻な被害を抱えた元建設労働者らが国と建材メーカーに損害賠償を求めている。

最高裁は17日、この集団...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り479文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン