/

この記事は会員限定です

自民・川崎二郎氏「加藤・谷垣氏を首相にしたかった」

元厚労相 引退議員に聞く

[有料会員限定]

1980年衆院選で初当選したころは田中角栄元首相が派閥の力をもって自民党全体をコントロールしていた。私は宏池会(現岸田派)に入った。加藤紘一元幹事長や小泉純一郎元首相、山崎拓元副総裁が派閥の弊害や脱派閥を言い始めた。

衆院が小選挙区制度に変われば、党や都道府県連が中心になるだろうと感じた。実際は派閥政治が残るという想定しなかった事態になった。政治生活の中で一番、残念に思っていることだ。

加藤氏と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン