/

首相「安全な五輪実現可能」 厳格な感染対策強調

緊急事態宣言の対象区域拡大を決め、政府分科会の尾身会長㊨とともに記者会見する菅首相(14日午後、首相官邸)

菅義偉首相は14日夜の記者会見で、今夏の東京五輪・パラリンピックの開催に改めて意欲を示した。「(新型コロナウイルス)対策を徹底して国民の命と健康を守り、安心、安全の大会を実現することは可能だ」と主張した。

「選手や大会関係者と一般国民が交わらないよう厳格な感染対策を検討している」と唱えた。

来日する大会関係者に関し「行動を制限し、それに反すれば強制的に退去を命じることも含めて検討している」と話した。人数の規模は精査中だと説明し、当初想定より「はるかに少なくなると思う」と言及した。

滞在先はホテルを指定するなど「国民と接触しないようにしっかり対応している途中だと報告を受けている」と明かした。米製薬大手ファイザーから選手へのワクチンの無償提供が実現すると強調した。

感染拡大で「国民の皆さんに様々な意見があることは承知している」とも触れた。

政府の分科会の尾身茂会長は「仮に五輪をやるのであれば(医療の)負荷をある程度評価するのは五輪を開催する人の責任だ」と言明した。首相は「地域医療に支障をきたさないよう調整している」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン