/

この記事は会員限定です

不妊治療の保険適用、女性43歳未満に 助成条件を踏襲

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

厚生労働省は来春からの不妊治療の保険適用について、治療開始時点で女性は43歳未満を対象とする方針を固めた。現行の不妊治療への助成制度の条件を踏襲する。法律上の夫婦だけでなく、事実婚も認める。15日に開く中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に案を示す。

保険適用の範囲は「体外受精」や「顕微授精」など、日本生殖医学会がまとめたガイドラインで推奨度の高いものとする。男性の不妊治療も対象となる。推...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません