/

この記事は会員限定です

野党、迷走の末の不信任案提出 解散先送り見越し判断

[有料会員限定]

野党が提出した菅義偉内閣への不信任決議案が15日の衆院本会議で、自民、公明両党などの反対多数で否決された。当初は衆院解散を誘発しかねないと慎重だった野党の方針転換には不信任案を出しても首相が解散するおそれがないとの判断も働いた。衆院解散・総選挙を迫れない野党の姿勢が政治から緊張感を失わせている面もある。

「一日も早く新しい政権をつくり、命と暮らしを守る政治を実現する」。立憲民主党の枝野幸男代表は1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン