/

この記事は会員限定です

留学生の入国拡大、政府が容認へ 「開国」はなお遠く

自民・文科部会が要望 

(更新) [有料会員限定]

政府は新型コロナウイルスの水際対策で原則停止している外国人の新規入国を3月から緩和する方針だ。まず留学生やビジネス客の受け入れを段階的に増やす。1日の入国者数の上限を現在の3500人から5000人に引き上げるものの、「開国」にはなお遠い水準だ。

自民党の文部科学部会は15日、松野博一官房長官と末松信介文科相に留学生の受け入れ再開を求める決議文をそれぞれ提出した。

山本朋広部会長は松野氏との面会後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン