/

この記事は会員限定です

全国の後発薬工場を一斉立ち入り検査 厚労省

[有料会員限定]

ジェネリック医薬品(後発薬)メーカーの小林化工や日医工などで相次いで品質不正が発覚したことを受け、厚生労働省と沖縄県を除く46の都道府県が各地の後発薬などの製造工場に立ち入り検査していたことが14日分かった。品質管理や製造手順などの状況を確認している。

検査は医薬品医療機器法に基づき、6月から7月にかけて実施した。医薬品の製造工場のない沖縄県を除き、後発薬の工場を中心に実施した。調査結果は8月にも厚労省...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン