/

この記事は会員限定です

厚労省、狙うは「出戻り採用」 成否の鍵は働き方改革

小川和広

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

厚生労働省がキャリア官僚の中途採用を始める。激務に疲弊した中堅・若手の離職が止まらず、重い腰を上げた。過去に同省を辞めた人も受け入れる考えで、むしろ「出戻り」を歓迎するという。官民両方の世界を知る人材を集め、政策の質を高めることができるかどうか。「強制労働省」とも皮肉られる職場環境の改善が鍵を握る。

このほど募集が始まったのは総合職事務系の課長補佐級で、民間企業や官公庁、国際機関などで7年以上の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません