/

この記事は会員限定です

6G無人化、日米連携し国際標準 企業連合で中国に対抗

(更新) [有料会員限定]

政府は2030年ごろの普及が見込まれる次世代通信規格「6G」を使った無人化技術について米国と連携して国際標準化に乗り出す。22年度に企業連合をつくり、自動運転車や無人工場のロボット同士の連携をリアルタイムで遠隔から管理する技術の実用化をめざす。米国企業と技術開発や海外展開で連携し、中国勢の寡占を防ぐ。

総務省が22年度前半にも携帯電話、通信機器、車、ドローン、時計メーカーなど幅広い分野で企業連合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン