/

首相、ワクチン供給減で陳謝

菅義偉首相は14日に首相官邸で開いた新型コロナウイルスの関係閣僚会議で、自治体向けワクチンの供給減に関して、「新規の予約停止などご迷惑をおかけし、大変申し訳なく思っている」と述べた。1日120万回の接種ペースを維持する考えも示した。

接種を巡ってはワクチン不足を懸念する声が上がっている。国からの供給量が7月に入って減少したためだ。予約をキャンセルしたり、新規の予約を停止したりする自治体が出ている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン