/

東電への是正措置命令「大変遺憾で深刻」 官房長官

東京電の柏崎刈羽原発=共同

加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、原子力規制委員会が東京電力ホールディングスの柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)のテロ対策の不備を理由に是正措置命令を出したことを巡り「大変遺憾で深刻に受け止めている」と述べた。国は議決権ベースで東電に実質的に過半を出資している。

柏崎刈羽原発では、放射性物質の防護体制の不備が相次いで発覚している。「核物質防護の確保は、原子力事業者の基本だ」と指摘した。原発の安全確保に向けて「組織的な管理に抜本的な対策が重要だ」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン