/

この記事は会員限定です

溝生む最低法人税率、米が21%視野 新興国は警戒

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

バイデン米政権が提案した法人税の国際的な最低税率の水準を巡り、先進国と新興国で溝が生まれている。日米欧の主要国はなるべく高い税率を支持する一方、低税率国などからは企業誘致戦略に影響が出かねないと不満の声が上がる。グローバル化と同時進行してきた法人税率の引き下げ競争に歯止めをかける試みは一筋縄ではいかない。

「米提案をきっかけに最低税率の下限は確実に切り上がってきた」。国際交渉を担うある財務省幹部は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン