/

この記事は会員限定です

中国国債投資「再検討あり得る」 GPIF理事長

[有料会員限定]

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の宮園雅敬理事長は14日の記者会見で、当面見送るとしている中国の人民元建て国債への投資について、決済システムなど条件が改善されれば再検討もあるとの認識を示した。

宮園氏は中国国債を投資対象としない理由について、国際的な決済システムを利用できないことや、円滑な取引に必要な先物取引に外国人投資家が参加できないことなども挙げた。「仮に改...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン