共産党・小池晃氏が同僚パワハラ 会合で叱責、警告処分 - 日本経済新聞
/

共産党・小池晃氏が同僚パワハラ 会合で叱責、警告処分

共産党は14日、小池晃書記局長によるパワーハラスメントがあったとして、党規約に基づく警告処分とした。党会合で田村智子政策委員長を不当に叱責したと認定した。

小池氏は記者会見で「私自身の品性の上での弱点が表れたと自己総括している。深刻な反省と自己改革が必要だと肝に銘じている」と謝罪した。

小池氏は5日に都内で開かれた党会合で、地方議員の名前を誤って読み上げた。進行役の田村氏が訂正すると、小池氏は「間違っていない。訂正する必要はない」などと詰め寄った。

小池氏は会見で、14日の常任幹部会で口頭による警告処分を受けたと説明。田村氏に直接謝罪したとも明らかにした。「全力で職務に当たっていきたい」と述べ、書記局長の辞任は否定した。

志位和夫委員長も会見し「ハラスメントの根絶が大方針の党として、あってはならない言動だ。責任を痛感している」と陳謝した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません