/

職場接種の申請、1000万人超 航空2社は前倒し実施

(更新)

政府は企業や大学などでの新型コロナウイルスのワクチン接種について、14日午後5時時点で新たに415会場の申請を受け付けたと発表した。8日の申請開始から計2236会場となった。対象とする人数は1072万人分にのぼる。

政府は21日からの職場接種に関し、準備が整ったところから前倒しでの実施を認める。ANAホールディングスは13日、日本航空(JAL)は14日からそれぞれ国際線のパイロットや客室乗務員らへの接種を始めた。

対象はANAがグループで4万6500人ほど、JALが同3万6000人程度。1日あたりの接種人数を段階的に増やし、21日以降は両社とも300人規模とする。

医療従事者や会場は企業や大学が自前で確保する必要がある。首相官邸のホームページに設けられた職場接種の総合窓口サイトから申請する。業種ごとに各省庁に相談窓口が設けられ、事前に問い合わせることができる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン