/

基幹統計、ミス防止マニュアルなど点検 特別チーム

国土交通省の建設工事受注動態統計書き換え問題を巡り、総務省は14日、政府の基幹統計の具体的な点検方針を明らかにした。調査や集計に使う文書の管理方法を確認するほか、ミスを防ぐための対応などを定めたマニュアルの有無も調べる。

全府省の基幹統計の作成過程を検証する特別チームの会合で明らかにした。集計方法などを変更した際、どのように文書に記録し、周知しているかなども確認する。具体的な日程は今後決める。

政府の基幹統計は計53ある。建設工事受注動態統計のほか、2018年末には厚生労働省の毎月勤労統計でも、全数調査を抽出調査に切り替える不正が発覚した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン